実はギャンブル大好きな伝説スターミュージシャン3名

カジノとギャンブルは、人生における様々な出来事と絡み合っています。多くの海外セレブたちが、人生で一度はギャンブルを体験していることをご存知でしょうか?彼らが金持ちだからギャンブルにお金を注ぎ込んでいるのか、はたまた、私たち庶民には計り知れない何か隠された理由があるのか…どちらであるかは定かではないのですが、皆だれでも普通に、ギャンブルをしているのです。

ギャンブルをしたことのある方なら、ギャンブルと関連した音楽をきっと聴いたことがあると思います。大金を賭けた対戦、ラスベガスのクレイジーな夜、カジノにつきものの犯罪などを歌った楽曲は数え切れないほど存在します。今日は、ミュージシャンが歌う曲の内容ではなく、ミュージシャン自身についてお話ししたいと思います。では、ギャンブル好きの伝説大物歌手たちを見ていきましょう!

レミー・キルミスター

モータヘッドの伝説的なリードシンガーであるレミーは、根っからのギャンブラーでしたから、「エース・オブ・スペーズ」という楽曲が書かれたことも納得ですね。レミーは特にスロットマシンが大好きで、たくさんのお金をスロットに注ぎ込みました。彼は単なる「ギャンブル好き」を通り越した「ギャンブル中毒」であったそう。レミー自身も、もしギャンブル中毒ではなかったら、「エース・オブ・スペーズ」はこれほどの不朽のヒット曲にはならなかっただろう、とまでコメントしています。

レミーは自分の言葉には正直な男で、自らのギャンブル中毒を認めることを厭いませんでした。と同時に、とても知的な人物でもあったので、もし彼が生きていたなら、歌詞にあるように「責任を持ってギャンブルをしろよ」と私たちに忠告したかもしれませんね!

フランク・シナトラ

いい歳をしたフランクが、サンズ・カジノのとあるアメリカ人のギャンブル幹部と喧嘩をしたことをご存知でしょうか?カール・コーエンという幹部は、フランク・シナトラを殴って、歯を2本折ったといいますから強烈ですね。フランクはディーラーに高額なクレジットを要求することで知られていましたから、まさにそれが、この有名な喧嘩の原因となったのかもしれません。

ドレイク

通称である「ドレイク」の名があまりにも有名なので、彼の本名を知っている人は少ないかもしれません。本名オーブリー・ドレイク・グラハムは、熱狂的なギャンブラーで、一晩で20万ドルを失ってしまったほどです。ドレイクにとっては大した額のお金ではないかもしれませんが、多くの庶民にとっては全人生を賭けて働かなければ手に入らないほどの大金ですよね…。

ドレイクはギャンブル中毒であることを、自ら認めるべきだと思いますか?ドレイクがギャンブル狂であることを知って、彼を見る目が変わりましたか?ぜひ皆さんのコメントを教えてください!